【鳥羽】戸田家の日帰り温泉に安く入る方法!サウナや温泉村を総巡り!

戸田家

こんにちは、サウナビ2号です。

コロナ禍が落ち着いていた年末に鳥羽の戸田家さんに泊まりに行ってきました!

男女あわせて13湯もある温泉パラダイスに加え、サウナもあるということで、年の瀬の疲れをとるには最適!

サ活&風呂三昧であったことはもちろん、夕朝食のバイキングもうまかったので、それぞれのレポをお届けいたします!

このページでは、戸田家を日帰りで安く入る方法や、大浴場や温泉村について実際に入ったレポをお届けします!

→夕朝食のバイキングもめちゃ美味しかったのでこちらで紹介しています!

戸田家の日帰り温泉に安く入る方法

ワタシは宿泊しましたが、戸田家には日帰り入浴プランもあり、宿泊と同じように大浴場や温泉を利用することができます。

入浴可能時間や料金はこちら!

入浴可能時間

  • 平日・土曜日 13時00分~22時00分(最終受付)
  • 日曜日・祝日 11時00分~22時00分(最終受付)

タオル付き入浴料金

  • 大人1,500円
  • 小人(3歳以上)750円

さらに以下のクーポンを使えばもっと安く入ることができます!

ニフティ温泉のクーポンを使う

ニフティ温泉の無料会員でぬくぬクーポンを使うと1,500円が1,000円に割引になります。

ニフティ温泉のページはこちら

トクトククーポンで割引クーポンを使う

会員登録不要で大人は1,000円、子供は500円で入浴することができます。

ただしこちらはタオルはつきません。

トクトククーポンのサイトはこちら

鳥羽ハローなど近隣のお店でクーポンをもらう

ネットではありませんが、戸田家近隣のスーパー「鳥羽ハロー」などでは紙のクーポンが配布されています。

こちらはタオルなしで大人800円と最安。

いつでも配布されているわけではありませんが、見つけたらラッキーな感じで探してみてはいかがでしょうか?

楽天トラベルでの宿泊プランはこちら!

アクセス

戸田家はJR・近鉄鳥羽駅から歩いて3分の場所にあります。

巨大なビル群3棟にまたがっているため、電車からでも車からでもよく目立ちますね。

駅から送迎バスも出ているようですが、わざわざ乗らなくても歩いて到着できる距離です。

ワタシは、車で向かい、フロント近くの駐車場に停めてチェックインしました。

お部屋

戸田家お茶

フロントにてチェックイン後は、すぐ隣りにあるカフェラウンジでお茶とお汁粉のサービスを受け、お部屋に向かいます。

現在戸田家には、南館と嬉春亭の2つの宿泊棟があり、今回はお部屋が広めな嬉春亭に宿泊。

戸田家フロアマップ

増築を繰り返したのか、中は割と複雑な廊下になっていて、ところどころ、絵画や掛け軸などが見れる昭和感満載のホテル。

お部屋は11階と比較的高層階を用意してくれました!

戸田家嬉春亭部屋

お部屋はくたびれた感はなく、至ってシンプルな和室です。

次の間にはソファがあり、鳥羽湾のマリンビューが一望できます。

戸田家景色

なにしろ風呂の数が多いので、全部回るためにあまりゆっくりもできず(笑、とりあえずはサウナ!ということで大浴場に向かいます。

南館の大浴場のサウナでまったりサ活!

戸田家南館大浴場入口

南館と嬉春亭それぞれに大浴場があり、どちらにもサウナが併設されていますが、宿泊時は南館のみ稼働していました。

サウナの営業時間は15時〜21時。

戸田家南館大浴場

大浴場の左側奥に、「サウナ」と書かれた木製の扉があるので、かけ湯した後早速トライ。

中に入ると、奥に2段、側面に1段あるミニサイズのサウナ。

横幅は狭く、コロナ禍でディスタンス取ろうと思えば、3人くらい入れるスペースです。

大浴場自体は年季が入っていますが、サウナは途中でリニューアルされたのか、比較的新しい設備のようで、古臭さはあまり感じず、室内は非常に快適。

入り口手前にはサウナヒーターが鎮座し、上部にはサウナストーンが置かれた本格仕様です。(水掛けはできません)

温度計、12分計も完備されていて、訪問時は90℃近くをマークしている標準的な室温。

ただ、湿度が割と低く、座っているとカラッとした熱気をムンムンと感じます。

大人のストロング系の室内でものの数分でジワジワ発汗。

テレビはない静かな空間で、入浴時は他の方も入ってこず、没入感はたっぷり。

この日は、年末ということもあり、10分×3セットでサ活納めさせていただきました。

外気浴

残念ながら水風呂は設置されていません。

水シャワーで身を清めた後、大浴場に併設の露天風呂へ。

ととのい椅子等は用意されていませんが、露天風呂に腰掛けながら外気浴できます。

建物内にあるため、雨の心配はなく、横から鳥羽湾の絶景を眺めながらマッタリできる至高の空間。

しかも露天風呂のお湯はぬるめなので、冷えてきたら交互浴であたたまることもでき、外気浴でもけっこう長居してしまいました。

大浴場

南館、嬉春亭とも、内湯+露天風呂がある構造。

ただ、大浴場は温泉でははなく、沸かし湯になっています。

基本的に内湯の湯温は42℃と高く、露天風呂は40℃程度で温めになっています。

どちらも広さはかなりあり、ゆったり楽しめると思います。

露天エリアにある無料貸切風呂がすごい!

さらに戸田家には、温泉村と銘打って、2つの大浴場以外に

  • 露天風呂エリア
  • 無料貸切風呂エリア×5

があります。

このエリアのみ、三重の名湯榊原温泉から運んできた温泉を使っている豪華仕様。

弱アルカリ性の泉質のため、入浴後はお肌がツルツルになります(笑

ここも全部回ってみました。

戸田家温泉村

温泉村エリアには嬉春亭の5Fから歩いて向かいます。

小路を歩いていくとまずは無料貸切風呂の看板が。

戸田家貸切温泉出入り口

ここは長屋のように貸切風呂の部屋が並んでいて空いていれば予約不要でいつでも入ることができます。

内側から鍵を閉めることができ、閉めたら明かりがつく仕様になっているのでプライバシーも保たれていましたね。

中に入ると半畳ほどの脱衣場があり、どの部屋にもシャワーが完備されていますがシャンプーなどのアメニティはありません。

ここにある5つの風呂すべてを順番に入ってみました!

1番地 貸切浮世風呂

戸田家浮世風呂

ここだけ小高い別棟になっていて、中からは景色を一望することができます。

縦長に伸びたヒノキの浴槽に浮世絵が書かれているから浮世風呂なんですかね。

2番地 貸切たぬき風呂

戸田家たぬき風呂

子供なら絶対喜ぶ陶器で作られたたぬき風呂。

口からプシューとお湯が出ていますが、湯量が少なくなると、鼻からもお湯が噴射されかなり面白いです(笑)

戸田家たぬき風呂鼻から噴射

3番地 貸切しゃこ貝風呂

戸田家貝風呂

貝のオブジェをくり抜いたお風呂かと思いきや…。

中はユニットバスのようなものを仕込んだ感じでした(笑

唯一の洋風なイメージのお風呂ですね。

寿番地 貸切瓶風呂

戸田家瓶風呂

ツボ湯ファンとしてはうれしい一人仕様の壷風呂。

一人静かにゆったりのんびり入れます。

5番地 貸切釜風呂

戸田家釜風呂

こちらもツボ湯っぽいですが、ミニサイズの釜風呂が3つ並ぶファミリー向けの貸切風呂。

ここだけ少しぬるめで、長湯できそうです。

お湯の泉質はどこも同じで、浮世風呂を除いて基本密閉空間なので、あまり景色は楽しめません。

ですが、一度は入ってみたい浴槽だらけだったので、全部入って良かったですね!

露天風呂 緑の賀

戸田家小路

ここまでかなり身体はヘロヘロなんですが(笑)、この無料貸切風呂からさらに小高い坂を登ると、緑に囲まれた露天風呂があります。

戸田家露天岩風呂

岩風呂はもはや野天風呂といった趣で、風景もコレまた絶景。

戸田家露天風呂

舟型のひのき風呂の周りにはもうお腹イッパイ感のツボ風呂が多数。。

戸田家岩風呂景色

奥のツボ風呂からの眺めは非常に良くオススメです。

戸田家サウナ・温泉編まとめ

戸田家には、この他にも有料の貸切風水風呂はじめ、別料金で岩盤浴もあり、15時チェックインしても、翌朝含め、とても1日で回りきれるものではありません(笑

温泉めぐりしてから、サウナ入ると間違いなく湯あたり起こしますので、サ活ご希望の方は先にサウナでととのってから温泉を堪能されることをオススメします。

館内はとても広く、それぞれのエリアが離れているので、脱衣しやすい浴衣着用は必須ですね。

温泉村エリアは24時間営業なので、入浴時間に間隔を持たせて夜にゆっくり入るとしっかり楽しめると思います!

→夕朝食のバイキングもめちゃ美味しかったのでこちらで紹介しています!

楽天トラベルでの宿泊プランはこちら!