【リニューアル】サウナフジ栄の漢のサウナとオートロウリュが凄すぎ!ウェルビー栄とはどう違う?

サウナ温度約90℃(漢のサウナ)
約70~90℃(木漏れ日ロウリュ)
4
水風呂18~20℃ 4
外気浴なし、ととのいチェアあり 3.5
清潔度 4
総合ととのい度 3.8

名古屋の中心部・栄のサウナといえば日本一の水風呂と名高いウェルビー栄が君臨していますが、もうひとつのメンズサウナとして鎮座するのがこのサウナフジ栄です。

とかくこのあたりではウェルビーの方が知名度高しですが、サウナフジ栄も負けじと、2022年7月にサウナルームを完全リニューアル!

新しくなったサウナフジ栄の特徴やウェルビー栄との違いについてレポします。

サウナフジ栄のロケーション・駐車場

地下鉄栄駅8番出口から徒歩3分くらい歩いていくと、錦通りと広小路通の間に割と規模の大きいビルがあります。

「サウナ&カプセル」と書かれた看板が見えてくるのが目印です。

8階建て一棟まるごとの自社ビルですが、2~5Fは立体駐車場になっています。

駐車場

サウナフジ栄の駐車場は入場から5時間まで無料(カプセル、5時間超の場合は別途1,000円)です。

ただ、立体駐車場の入り口がとにかく狭く、ハリアークラスのSUVでかなりギリギリなので車で行かれる方は気合いれてINしましょう。

併設のカプセルは368室という空前の大きさで、広さだけをいえばウェルビー栄をはるかに超えていますね。

1Fにフロントがあるのでそのまま受付へ。

サウナフジ栄の料金

サウナルームのリニューアルに合わせて入場料は値上げが行われました。

新しい料金は次のとおりです。

60分サウナ【平日】:1,100円
【土・日・祝日】:1,300円
フリーサウナ
(朝6:00~24:00 )
【平日】:2,200円
【土・日・祝日】:2,400円
深夜料金
夜0:00~朝6:00
【平日】:3,000円
【土・日・祝日】:3,200円
カプセル【通常】:3,400円
【金・土・祝前日】:3,900円

サウナフジ栄のフロント~ロッカールーム

サウナフジ栄フロント

まずはエントランス右側にあるロッカーに靴を預けます。

その後フロントに直行して、靴箱のキーを預け、コロナ対策のため検温後、入場料だけ前払いしてロッカーキーをもらいます。

昭和の匂いを漂わせるロッカールームですが、中は至って清潔。

大きな荷物は入らないですが、フロントで預かってもらえます。

中に入っている館内着に着替えて、地下四階にあるサウナへ直行します!

サウナフジ栄のサウナ&浴室の種類

サウナフジ栄フロアマップ

サウナフジ栄はさながら地下要塞のようになっていて、サウナと浴室は最底辺のB4階にあります。

サウナは現在3種類あり、すべて室内が新しくなりました!

  • 漢のサウナ
  • 木漏れ日ロウリュウ
  • 亜熱帯スチーム

それぞれ順番にご紹介します!

漢のサウナ

以前からあるメインサウナが「漢のサウナ」として内装が全面リニューアルされました。

ウェルビー栄の広さには及ばないものの、人との距離をとっても15~20人くらいは入れる広さは余裕のスペース。

コの字型になっていて、基本2段タワーですが、一部スペースは3段タワーとなっています。

段の間隔も広くゆとりがあります。

訪問時は数人ほどしかいなかったので、寝そべってる方もいらっしゃいました(笑

室温は90~92℃くらいと標準的な温度ですが、以前と同じ肌にあたる熱気はかなり強めで、体感的には100℃くらいあるようなまさに漢仕様のドライサウナですね!

毎時30分に発射される三連式オートロウリュが凄すぎ!

漢のサウナに新しく導入された設備が、毎時30分に自動的に開始される「三連式オートロウリュウシステム」。

これでも積まれたサウナストーンの上に、3つの水道の蛇口が備え付けられ、テレビの前にドカンと存在感を放っていますね!

時間になると、照明がフッと消えてテレビが切り替わり焚き火の映像に…。

少し間をおいて、右側の蛇口から勢いよく水が噴射!

と、同時に上にある3つの送風口からブォ~と風が起こりサウナ室全体が熱波にまみれる!!

アウフグースのような勢いはないですが、体感温度は劇的に上昇。

しかも2分ごとに真ん中、左の蛇口から順番に水が噴射されるため、熱波がかなり長く続きます。

想像以上の体感温度の上昇に、途中で脱出するサウナーの方多数(笑

トータル6分間、かなり強力なロウリュを楽しむことができました!!

木漏れ日ロウリュで、さらに密度の濃いロウリュを体感

サウナフジ栄木漏れ日ロウリュ

木漏れ日ロウリュウは、以前歩行浴があった部分を潰して新しくできたサウナです。

4段型のタワーサウナで、7~8人ほど入れる広さで、新木の香りが心地よい。

下は70℃~最上段は90℃と上にいくほど熱くなっていますが、やや湿度は高めで、普通に入った感じ、漢のサウナほどきつい感じではありません。

ただ、毎時15分、45分にはオートロウリュタイムには雰囲気が一変。

時間になると照明が落ち、サウナストーンには漢のサウナ以上に水が勢いよく噴射されます!

同時に天井の送風口から轟音とともに熱波の雨あられ(笑

部屋が狭い分、蒸気の密度が濃いのか、漢のサウナよりさらに激アツ!

既に4セットこなしていたワタシもたまらず3分ほどで脱出しました(ヘタレ)

このサウナは2時間10,000円で貸し切りもできるそうです。

湿式低温サウナ「亜熱帯スチーム」

以前は岩盤浴ができた低温サウナも、室内が全面リニューアル。

50℃前後に調整された低温で湿度高めのサウナで、高温のけだるい熱さに比べてこちらはおだやかな温度で10~15分は余裕で過ごせます。

ミストサウナではないので、息苦しさはありません。

さらに木製のリクライニングチェアが設置され、寝そべることができます(笑

ゆっくりまったりサ活するならおすすめできるスポットですね!

水風呂は2つ!でも温度はほぼ同じ!

サウナの手前には浅めの水風呂が2種類あり、動線も完璧!

それぞれ2~3人入れる広さなのでスペース的には余裕ですが、訪問時の温度は、それぞれ18℃、20℃とあまり変わりばえがありません。

ぬるめ水風呂が好きな私には問題ないですが、できればもうワンランク低い温度の水風呂があれば良いかなーと思いました。

インフィニティチェアが大量増設でゆっくり休憩も可能!

サウナフジ栄は完全室内型のサウナなので外気浴はできません。

しかし、浴室自体が巨大なので、乾かしやすく、さらにあちらこちらにととのいスペースが用意されています。

中でもインフィニティチェアは5脚用意され、リクライニングや、ととのい椅子を合わせると20脚以上と大充実!

よほど混雑しない限り、ととのいタイムに困ることはないでしょう。

ビッグウェーブバスで揺られながらゆっくりとクールダウン!

サウナフジ栄ビッグウェーブバス

水風呂や外気浴以上にクールダウンにおすすめなのが、サウナフジ自慢の「ビッグウェーブバス」。

全長20mを誇る巨大浴槽で水深も1.1mあり、プールと書かれているので人さえいなければ普通に泳げます(笑

水温は30℃と冷たくもなく、ぬるくもないので、水風呂後に入るには丁度いい温度!

一番奥にはザバザバと滝があり、サウナ後もちょっとした滝行することも可能です(笑。

ただ、プール内は特に流水構造にはなっておらず、波が起こるわけではありません。

ビッグウェーブはどこに??

そう考えて探索していると、滝の左右の目立たないくぼみに秘密がありました。

ここはさながら洞窟のようになっており、円形のスペースの底からかなり強力なジェット水流が循環していました。

この勢いに思わず体をまかせてみると…、あら不思議、体が水中に浮いてしまいます(笑

これがなかなか気持ちいい。。。

無重力感でゆらゆらするので、いろいろどうでもよくなっちゃいます(笑

ああ、しばし水流に身をまかせ、恍惚の域に到達。。。

別の意味でととのってしまいました。。

見落としがちなスポットですが、けっこう同志が揺られていることが多いので空きがあればぜひお試しください。

お風呂の数も豊富すぎる!

ビッグウェーブバスだけでも十分満足ですが、風呂の数も多すぎるのがサウナフジ栄の特徴です。

  • 熱波の湯(バイブラバス)…38℃
  • 越流の湯(ジェットバス)…39℃
  • 鳥籠の湯(上がり湯)…42℃

あついのからぬるいのまで小刻みな湯温設定がされており、いろんなニーズに答えられますねー。

サウナ&お風呂をふやけるくらい満喫したので、レストルームへ直行します。

高い吹き抜けで開放感高い休憩スペース

休憩スペースはすこし離れて地下2階に喫煙室と併設されています。

さながらホールのような吹き抜けた広々スペースにリクライニングチェアがびっしり。

若干密な感じもしますが、座ってみると天井がとても高いので圧迫感は全然ありません!

暖色系の暗め&柔らかなライティングなので居眠りするのも苦になりません。

新聞・雑誌類は種類豊富とはいきませんがそれなりにあります。

さらにより深く眠りたい場合はおとなりのごろ寝スペースも余裕があってオススメ。

レストラン「ふじの郷」で居酒屋メニューを堪能

小腹が減ってきましたので、階段を登って地下1階のレストランへ。

入り口を入ってすぐのいかにも居酒屋的なカウンターに着席。

他にも座椅子のスペースがたくさんあるので奥行きの広いレストランです。

和洋中織り交ぜた豊富なメニューや、居酒屋メニュー、名古屋メシのメニューまで豊富です。

サウナフジ栄メニュー

うなぎ関連のメニューが安いのも特徴でしょうか…?

サウナフジ栄うなぎ

悩んだ挙げく、まずはハイボール+国産おろし牛ポン酢で一杯。

で、季節メニューで不漁で話題のサンマ定食をいただきました。

今年は細いらしいけど…うまし!

まだまだ食べたいメニューもあったのでこれはリピ確定かなと。

ちなみに朝ごはんメニューも充実しててカプセル宿泊もありだなーと思ってしまいました。

マッサージはパワフル!パワフル!

ボディケア

サウナフジ栄はマッサージの種類が豊富!

  • ボディケア…50分4,000円~50分単位で延長可
  • フットマッサージ…20分2,100円~
  • タイ古式…20分2,700円~
  • オイルマッサージ…20分2,600円~

今回は地下3階にある定番のボディケア50分をフロントにて予約。

見た目パワフルなお姉さまにがっつり揉み込まれました(笑

かかる力はかなり強いけど、不思議と痛くないんですよねー(個人の感想です)

正直あたりはずれはあると思うけど、かなりコリがとれたので大満足。

強くもみほぐされたい方はオススメです。

終了後にはお茶無料券がいただけ、レストランで飲むことができます。

ウェルビー栄とはどう違う?

ウェルビー栄はサウナの聖地のひとつして、全国的に有名ですが、サウナフジ栄は比べてみてもサ活スポットとして遜色ないクオリティがあると思います!

比べてみるとこのとおり。

サウナフジ栄ウェルビー栄
サウナ料金
(フリータイム)
【平日】:2,200円
【土・日・祝日】:2,400円
【平日】:3,300円
【土・日・祝日】:3,600円
カプセル料金【通常】:3,400円
【金・土・祝前日】:3,900円
4,400円
サウナの種類漢のサウナ
木漏れ日ロウリュ
亜熱帯スチーム
フィンランドサウナ
森のサウナ
ロウリュオートロウリュ(1時間に3回)
アウフグース(土日のみ3回)
セルフロウリュ
ストレッチロウリュ(アウフグース)
水風呂18℃
20℃
シングル
アイスサウナ
外気浴なし
(インフィニティチェアあり)
なし
(ウッドデッキあり)
広さ広いやや狭い

値段的にはサウナフジ栄のほうがサウナ、カプセルとも割安に済ますことができます。

サウナのクオリティは、フジがリニューアルしたことにより、個性が出てほぼ互角のスペックに。

ウェルビー栄では定期的に人力によるアウフグースサービス&セルフロウリュがありますが、サウナフジ栄も負けじとオートロウリュで対抗とこちらも甲乙つけがたい。

最大の違いはやはり水風呂。

サウナフジ栄が平凡な水風呂に対して、ウェルビー栄は水深1mの潜れる水風呂や、ここにしかないアイスサウナも完備とこだわり具合に軍配が上がります。

とはいえサウナフジ栄もここにしかない泳げるプールがありますし、なにより館内がとても広いため、やや手狭なウェルビー栄とくらべてゆったり過ごすことができます。

サウナフジ栄の場合

  • 広々としたスペースでゆっくり過ごしたい
  • オートロウリュをくまなく堪能したい
  • 安くサ活したい

ウェルビー栄の場合

  • 日本一の水風呂を味わいたい
  • アイスサウナで心ゆくまで冷却されたい
  • ロウリュとアウフグースのサービスを受けてみたい

ぜひ両方とも訪問してみてそれぞれの特徴を堪能してみてはいかがでしょうか?

関連記事

サウナ温度約95℃(高温)/約75℃(森サウナ)[star-list number=5] 5ロウリュウ定期サービスあり[star-list number=4] 4水風呂約o℃(アイスサ[…]

ウェルビー栄

まとめ

サウナフジ栄シール

リニューアルしたタイミングで約1年ぶりの訪問となりましたが、サウナのスペックがパワーアップし、サ活スポットとして見逃せない存在となりました。

全体的に設備は古いですが、どれも清潔にメンテナンスされていますし、なにより栄のロケーションでこの広々とした快適さは、手狭感があるウェルビー栄と段違い。

サウナの水風呂に関してはウェルビーの充実さに軍配があがりますが、それ以外に長時間ダラダラと過ごすのであれば、こちらのほうがお得なのでは?と思いました。

特にカプセル泊まるのであればサウナフジのほうが駅チカですし、コスパ的にもお得ですね。

プールやお風呂も充実しているので、楽しみ方の違いで使い分けてもいいかもしれませんね!

サウナフジ栄の概要

住所
愛知県名古屋市中区錦3-22-31【地図】
地下鉄「栄」駅8番出口より西へ向かい、信号3つ目を左へ。
電話番号
052-962-5711
駐車場
あり(滞在時間内無料、入館時に駐車券提出要)
フリーwifi
あり
営業時間と定休日
(サウナ)24時間営業
(カプセルホテル)チェックイン14:00~ チェックアウト13:00
公式ページ
https://fto.co.jp/
※掲載情報はすべての訪問時点の情報です。現在の正確な情報を確認したい場合は必ず施設にお問い合わせください。