関西一熱いロウリュ「あるごの湯」で熱波三昧!食事やマッサージも全部試す!

あるごの湯

こんにちは、スーパー銭湯より、健康ランド派のサウナビ1号です。

健康ランドの方が、サウナは高温だし、人が少なめだし、休憩スペースも静かなので、自然とそちら中心に凸していました。

ただ、Twitterでみた #サウナの輪 での、あるごの湯の #エアロウリュ をみて、これやばいなと!

この熱波を味わいたい。

気づいた頃には、大阪は三国にある「あるごの湯」に向かって車が走っていました。(本当はしっかりと計画を立てて訪問しました。)

あるごの湯

行ってみた感想ですが、「最高じゃないか。」

昼間からロウリュや岩盤浴三昧!さらに、食事にマッサージとフルコースで堪能してきました。

あるごの湯がどんなところか気になる方はぜひご覧ください!

ロケーション・アクセス

大阪市内から豊中方面に車を走らせ到着。

どでかいパチンコ屋のアルゴセブンが併設されており、駐車場はなんと1200台収容可能!

ユニバくらいでかい(笑)

入り口から入って左手奥があるごの湯なので、奥側の駐車場に止めると、あまり歩かなくていいですよ!

ちなみに、バスも1時間に数本でており、

  • 阪急十三・三国駅
  • 地下鉄御堂筋線東三国駅・新大阪駅

からも発着しています。

あるごの湯バス案内ページ

バス乗り場は、フロントから出て階段を降りたらすぐ左手にありました。

あるごの湯 バス

1本逃すと結構時間がかかるので、5分前行動がよさそうです!

では、入店!

あるごの湯 フロント

あるごの湯の割引クーポンはある?12月の周年祭は半額になることも。

あるごの湯の入浴料は、800円(土日祝900円)です。

割引クーポンがないか探してみると、岩盤浴(チムジルバン)のクーポンはありましたが、入浴だけのクーポンは現在発行されていませんでした。

ただ、毎年12月1日-4日前後まで行われる周年祭では、毎年入浴料が半額になっているようです。

半額はかなり魅力的なので、タイミングを合わせて行ってみてもいいかもしれませんね!

フロント〜料金

入り口には、自動アルコール消毒機が設置されています。

あるごの湯 感染症対策

店員さんは全員マスクでお出迎え。

さらに、フロントは透明のプレートも用意されており、対策は万全な印象。

「検温のご協力お願いします」と言われ、おでこを差し出し検温もスムーズに完了です。

その流れで、「お風呂にしますか?チムジルバンにしますか?」と確認があります。

あるごの湯 料金

ここでポイントですが、チムジルバンも合わせて利用するのがおすすめです。

巨大な岩盤浴が7つあるし、冒頭で紹介したあるごの湯名物のタオルロウリュは、チムジルバンでのみ体験できます。

チムジルバンの体験記については、こちらでご紹介しているので、興味のある方は合わせてご覧ください。

あるごの湯 あるごの湯の岩盤浴(チムジルバン)で関西一熱いロウリュを体験!激アツ過ぎて昇天!

チムジルバンを予約すると、館内着も貸してもらえる、館内が過ごし易くなるしおすすめです!

靴箱の鍵、バスタオル、てぬぐい、館内着をもらって中へ!

料金は完全後払い、靴箱の鍵についてるバーコードで最後にまとめて精算するスタイルです。

あるごの湯

あるごの湯は、換気と消毒を徹底しているらしく、デパートや映画館などの換気基準を大幅に上回る換気能力があるようです。

数値は目ではみえませんが、徹底しているとわかるだけで安心して利用できそうですね!

ロッカールーム

ロッカールーム自体は広いので、隣の人とかぶらず、ゆったり使えます。

あるごの湯 ロッカー

ただし、ロッカーは正方形のBOX型で、荷物があまり入らない。。

冬は、アウター・パーカー・パッチと着込んでいるので、手荷物とあわせると1つで入りきりませんでした。

平日お昼で空いていたこともあって、仕方なく連番でロッカーを拝借。

では、通常サウナへ!

あるごの湯のノーマルサウナでじっくり発汗

かけ湯をしてから、まずはノーマルサウナへ!

サウナは内風呂にはなく、露天エリアへ一旦出る必要があります。

冬場の一発目は到着までかなり寒い(笑)

入り口手前にビート板タイプのサウナマットがおいてあるので、1枚拝借。

入り口は二重扉で温度が下がりにくい仕組みになっており、施設オーナーのサウナ愛を感じます。

あるごの湯 サウナ

公式サイトより引用

サウナは三段になっていて、真ん中にはどでかTVが埋め込まれており、その脇にサウナストーンが。

温度は88度と無理なく長時間入れる温度です。

湿度も若干高めなので、とげるような熱気は感じず、どちらかといえば蒸しっとして、じわじわと汗が出やすい環境です。

第1セット目ということで、12分ほどゆっくりと入り、徐々に汗腺を広げていきます。

大粒の汗が出てくる瞬間が、サウナにきた!と感じられて好きだ。(笑)

水風呂は低温仕様で底も深い

じっくり汗をかいたあとは、隣にある13度の水風呂でリセット!

深さが思ったよりあり、(90cmくらい?)ざんぶと肩までつかることができます。

その後、露天エリアに用意されている、足を思いっきり伸ばせるデッキチェアで外気浴をエンジョイ。

「あ〜、最高かよ。」

ちなみに、ロウリュはチムジルバンの方だけでなく、ノーマルサウナでも実施されています。

あるごの湯のノーマルロウリュは人数制限中。うちわであおぐタイプ

ノーマルサウナのロウリュは、1日8回開催されています。

  • 11:00
  • 13:00
  • 15:00
  • 17:00
  • 19:00
  • 21:00
  • 23:00
  • 25:00

人数制限中で、14人までしかはいれないので、特に土日は早めに外に待機し、目の前にある壺湯から状況を確認しておいた方がいいでしょう。

時間になるとわらわらと人が集まって、ロウリュウ開始。

アロマ水がサウナストーンに投入されると、広いサウナ室もたちまち強烈な熱気に包まれます。

ここのロウリュはうちわで扇ぐスタイル。

風力ではタオルに劣るものの、ボアっとっくる重い熱波がたまりませんなー。

この日は割とおとなしいものでしたが、熱波師さんの個性によっては掛け声を求めてくるなど、色んな意味で激アツになるそうです。

塩ミストサウナでしっかりデトックス

露天エリアのサウナの奥にある、塩ミストサウナ。

中は入場制限がかけられており、同時に5人までしか入ることができません。

あるごの湯 塩ミストサウナ

公式サイトより

中はミストで曇っており、常に、天井からミストがシューシューっと音を慣らしながら噴射されています。

室温計はないですが、体感は60度前後ですかね。

入り口手前にある塩を、往年の名力士 水戸泉ばりに豪快に掴んで全身に塗る塗る塗る!

5分ほどで汗が吹き出して、10分経つといい感じのデトックス感!

目に塩が入って痛くなってきたので、ここらで退室することに。

塩サウナは顔に塗るのは控えた方がいいですね(笑)

外にあるシャワーで入念に塩を流したあとは、水風呂で全てをリセットします。

水風呂は13度。水深90cmで肩までどっぷり

あるごの湯 水風呂

公式サイトより

あるごの湯は、露天エリアにサウナがあるため、それに伴い水風呂も外にあります。

外の風を浴びながら入る水風呂って好きなんですよね。

関西だと露天水風呂は珍しく、神戸サウナ&スパくらいじゃないでしょうか?

水風呂は13度とやや水温は低め。

あと浴槽が90cmとやや深めなので、無理なく肩まで入ることができます。

1分ほど入って、体の芯までしっかり冷やす!

そのあとは、外気浴を堪能するためにデッキチェアへ!

露天エリアでじっくり外気浴

あるごの湯 お風呂

公式サイトより

露天エリアには、2台の思いっきり足を伸ばせるデッキチェアも置かれています。

近くに水桶も置かれているので、デッキチェアを流してから、足を伸ばして目を瞑り外気浴。

最高。

体が冷えてきたら、露天風呂で少し体を温める。

あるごの湯は、うち風呂以上に、露天が充実しています。

  • 展望炭酸泉
  • 切石風呂
  • 岩風呂
  • 壺湯

人気だったのは、展望炭酸泉。

あるごの湯 炭酸泉

公式サイトより

「炭酸風呂だけやたら人が多い」のはサウナあるあるですが、あるごの湯ももれなく展望炭酸泉に人が集まっていました!

昼は日差しが強いからか目隠しがおりており、展望が自体はよくありませんでしたね(笑)

せっかくなので、全部の風呂に入りたいと最後に内風呂もはいることにしました。

内風呂の白湯で最後の締め。

あるごの湯 お風呂

公式サイトより引用

屋内の浴槽は2つとやや狭め。

入り口の手前にある白湯はやや温度が高く43度、内湯は40度前後でした。

最後に白湯に3分入って体もポカポカ!

あるごの湯にあるお風呂をコンプリートしたら、頭はフラフラ、お腹もペコペコになったので、休憩がてら食事処へいくことにしました。

食事できる場所は2つ!定食屋と飲み屋があるので使い分け可能

あるごの湯では、食事できるお店が2つあります。

  • 定食メニュー豊富:かんざき
  • 居酒屋メニュー豊富:より道

色々なメニューが食べたかったので居酒屋の「より道」へ!

あるごの湯 食事

カウンターと座敷があります。

あるごの湯 座敷

アクリル板が置かれており、ここでも対策はきちんとしてくれています。

「オロポ!」といきたかったところですが、メニューにない。。。

仕方なくとりあえず生を注文。

ジョッキがキンキンでいいじゃないか!

テンションは一気にぶち上がり、そのまま食べ物を注文。

あるごの湯 食事

焼き鳥、串揚げ、ポテト、枝豆におでんと、豊富な居酒屋メニューのラインナップ。

この日はお腹が減っていたので、肉肉肉の肉祭りで食事を堪能しました(笑

焼き鳥盛り。塩2本、タレ3本とバランスよし。

あるごの湯 食事

ホルモン焼き。脂身の多いてっちゃんにタレがよく絡んでうまい。

あるごの湯 食事

タンの塩焼き。厚切りのタンですが、切り目がしっかり入っていて噛み切りやすい。

あるごの湯 食事

どれも、味よし量よしで満足の内容◎

あるごの湯は、食事も侮れない!

マッサージも堪能。メニュー豊富で選ぶのに悩む!

食事を済ませたあとは予約しておいたマッサージへ。

平日でも予約が混み合うこともあるようなので、入店時に予約しておいて正解。

さらに事前に専用着も貸してくれるので、予約がマストだと思います!

あるごの湯はタオル貸し出し、化粧水完備で手ぶらでOK!

あるごの湯はスーパー銭湯ですので、一通りのアメニティは揃っています。

  • バスタオル
  • てぬぐい
  • シャンプー
  • リンス
  • ボディソープ
  • ドライヤー
  • 化粧水 2種類

ボディークリームやタオルにこだわりがあれば別ですが。

必要最低限揃っているため、手ぶらでふらっと行っても全然大丈夫でしたよ!

あるごの湯のロゴが入った手拭いは持ち帰れるので、自宅で活用しています(笑)

まとめ

15時過ぎに到着したのですが、あるごの湯を出たのは22時を回っていました。

たっぷり7時間滞在!

あるごの湯

サウナ3セット、岩盤浴3部屋、ロウリュ3セットでもうヘロヘロ(笑)

この日、デトックスするものは、なにもなかったと思います。

行ってみた感想ですが、自称関西一熱いロウリュが行われるチムジルバンは行った方がいいかなと思いました。

ロウリュだけでなく、7つも部屋があるし、岩盤浴をたっぷり堪能するだけでも価値はありますよ。

チムジルバンの体験記については、こちらでご紹介しているので、興味のある方は合わせてご覧ください。

あるごの湯 あるごの湯の岩盤浴(チムジルバン)で関西一熱いロウリュを体験!激アツ過ぎて昇天!

ただ、そうなると試したい施設が多すぎるので、3時間以内の滞在であれば、消化不良になるので、やめておいた方がいいと思います。

これは、リピ確定。是非また本気のタオルロウリュを堪能したいと思います!

あるごの湯の概要
住所
大阪府豊中市神州町1-16【地図】
電話番号
06-6335-0035
駐車場
あり
フリーwifi
あり
営業時間と定休日
10:00~26:00(不定休)
料金
大人:平日800円 土日祝900円
4歳~小学生:平日400円 土日祝450円
※掲載情報はすべての訪問時点の情報です。現在の正確な情報を確認したい場合は必ず施設にお問い合わせください。